罪と罰と愛。幻術と現実。

2019年11月07日

再会と再開。









 「Lineage」イシルロテサーバーのキキキラララです










前回の記事にて報告させていただいた通り
ある日突然失踪してしまったこのBlogとLineageの世界に戻って来ました(笑)

(あらためて、たくさん心配をかけてしまって本当にごめんなさい!!)


さすがに怒られまくるカナーと思っていたのですが
たくさんの方に暖かい声をかけて頂いて涙が止まらない数日でございましたwww




そんな私なのですが
戻ってきたと言っても以前ほど駆け足でこの世界を突っ走る感じではなくって
少し速度を落として色んなものを愛でながらこの世界の魅力を楽しんでいこうと思ってイマス!!

(それくらこのゲームには魅力的なものや人がたくさんあると思うので^^)



それでもみなさんが数年十数年と歩んできた歴史に少しでも追いつく為には
駆け足にならないといけない瞬間も来ると思うから
その辺は上手く使い分けながらこの世界と向き合っていきたいデスネ!!ww






63-1

ログインしました


手紙を読んだり書いたりするのに前回の記事を書く前にログインだけはしていたのですが
実際にちゃんとキャラクターを動かしたりしたのはその後からでした!!

(めっっちゃ緊張!!wwwww)







やっぱり最初は色んな思い出の詰まった話せる島を探索しようと思ったのですが


63-2

めっちゃ封鎖されてて笑いマシタwwwwwwww

(何があったんヤロw)






故郷を破壊されたような悲しさをなんとかこらえつつ

気を取り直してギランの街にいきましたら


63-3

街はすっかりハロウィン仕様になっていましたね!!

(めっちゃ懐かしくてここでもう泣きそうデシタwwww)



前回の記事のコメント欄でも少し書いた通り
私とって去年のハロウィンイベントはただの箱クランだった教団が
私の中で箱クラン以上の存在になったきっかけのようなイベントでした

(ただ普通のクランのようになれているかというとそうでもないとは思いマスガwwwwww)




色んなサーバーからなんとなく集まってなんとなく一緒に居る感じだった私たちが
ハロウィンという一つの景色を一緒に見ながら色んなやり取りをしていく中で

ここはここでもう一つの居場所なのかもしれないと思うようになったんだと思います



それは凄く些細な気持ちの変化だったと思います
(こんなに大げさに書く程でもなかったかもしれませんwwww)


でもその些細な変化が私の中ではどんな豪華なハロウィンイベントの内容よりも
キラキラして見えていたんだと思いますよwww




そんな思い出深いハロウィンイベントですが

今年は案山子変身になるくらいの事しか出来ないまま終わってしまいました(笑)

(さすがに何も片付けないままイベントを楽しめる程、私のメンタルは強くなかったみたいだwwww)







別の日には釣りをしました!!


めっちゃ好きだった釣りを楽しんで
そろそろ他の町も見てまわろうかと思っていましたら



63-4

ふぇいさんがログインしましたw

まだ団員達とは誰とも会っていなくって
心の準備も出来てなかったタイミングで一番付き合いの古い団員の登場でした(笑)

(数秒頭が真っ白になったのを覚えていますwwww)





なんとか色々と壊れそうな感情を整えながら

私の放った言葉は



63-5

スクショを見返してみて、我ながらどの口が言ってんだと思いマシタwwwww


心配をかけたのは私の方だとは重々承知なのですが
それでも私もみんなの事がずっと気になっていたのです(笑)



号泣しそうになのを我慢しながらふぇいさんに心境を話そうと思いましたら



63-6

さすがにこれには我慢できずに号泣デシタwwwwww

(なんつータイミング・・・・www)



この後も少し2人と話をしたと思うけど
取り乱し過ぎてほとんど記憶がないデスネ(笑)









数日前に虎さんから便箋が来てて
復帰祝いの品を苺さんに預けてあるとの事!!

(とにかく手紙が来てたことがめっちゃ嬉しかったゾ!!www)




そして苺さんがログインしたという事でグルーディンの倉庫でそれを受け取る事になりました





63-7

とにかく私を殺そうとする苺さんから無事に復帰祝いの品を預かりマシタ(笑)




それは防具だったので早速装備してみる事に!!!




63-8

思ったよりもカッコ良くてめっちゃテンションが上がりましたねwwwwww

(アイテム欄の感じだとめっちゃダサそうだったからwwwwww)



ふぇいさんと虎さんが合流してモーションの話とかダメリダ?の話とか
本格的に私のついていけないレベルの話をはじめたので

ただただ私はいろんな角度でこの変身を眺めているだけデシタネwwwwwww






そのままみんなでUBに行く事になりました



63-9

何も言ってないのに黙って苺さんが先導してくれてたので
たぶん道を忘れている事は見抜かれていたのダロウwww






そんな苺さんの想像をこえるくらいアホだったのか


63-10

受け付けの横のテレポーターから市場に入ってやったケドナ!!wwwww

(この時ばかりは本当に殺されるかと思ったのは秘密です!笑)


っていうか
付き合いが長いからかふぇいさんに至ってはほとんど動じてないデスネwww

(サスガダ・・・・w)






時間がとってもヤバかったのですが
殺されたくない一心でなんとか入場出来ました!!





ただでさえまだ全然慣れてないUBに復帰早々挑むという事で
めっっちゃ緊張しながらも冷静にならないとだめだなって思ってたんですが



63-11

とにかくさっきの防具が重すぎて終始大パニックデシタwwwwww

(置いてきたらヨカッタワwwwwwwww)



相変わらず実害のあるネタだけを提供してくれる虎さんですが
今回だけはずっと流れてた涙を止めてくれるというフェインプレーでしたね(笑)

(関係ないけど彼のたまに使う顔文字がわりと好きだったりするのは秘密デスw)






この三人が私にはない空気を持ってる人達だとすれば
教団には私に近い空気を持っている人も居ます



UBに行った翌日の事です


63-12

もう一人の初期メンバーであるプルソンくんデス!!


本当に根本から似てるのかはまだまだわからないけど
少なくとも彼と話す時はテンションの調整が全く必要ない感じがします(笑)

(まぁ他の団員に対しても全然調整なんてしてないけどwwww)




他の団員達と同じで
プルソンくんにも他のサーバーにメインキャラがいるので
あんまり長時間は話せなかったけど

ログアウトするまでの間は途切れる事無く喋ってマシタネwwww





ログが流れちゃって全然話の流れをとらえたスクショが撮れてなくて

とりあえず一緒に喋ったって事だけでも形として残そうと適当に引っ付けました


63-13

(結果全然意味がわからなかったけど無駄に時間がかかったのでこのまま載せマス・・・・w)

とりあえず元気そうで本当に嬉しかった!!wwww



まだ話せていない団員や元団員の人も居るので(本当にゴメンネ・・・)
彼らに関しては見つけ次第ちゃんと声をかけるつもりデス!!w











そんな感じで


復帰から数日しか経っていませんが
色んな方とお話させて頂き、この世界のあたたかさを痛感したと同時に

それを自ら壊しちゃった自分がめっちゃ悲しくなりました(笑)




思い出以外の事が結構頭から抜けちゃってて操作もおぼつかない私を含め




63-14


それぞれが弱体化しちゃった教団ではありますが

あの頃と変わらず

自由気ままにキラキラとやっていけたらイインジャネーカと思いマス(笑)







ではでは


nanashidoor at 18:01│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 食用ペンギン   2019年11月09日 18:01
休止前にせめて一言あってからするべきだったね。まあ無事ならよかった。
2. Posted by キキキラララ   2019年11月09日 19:28
>>食用ペンギンさん
ホントにそうだよねーー(泣
(本当にごめんね><)

色んな人に心配や迷惑をかけちゃって、もう毎日大反省中です!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
罪と罰と愛。幻術と現実。